どうして顎にニキビができる?顎ニキビの原因と対策について

顎にできるニキビの原因と対策について

顎にできるニキビの原因と対策について

20代女性に多い悩みの顎ニキビ。顎にできるニキビは繰り返しできやすく
1度できると治りにくい、ケアがしにくいのが特徴です。

顎ニキビの原因は1つではありません。
睡眠時間、食生活、ストレスなどが関係してきます。
また、最近はマスクの蒸れによって顎ニキビができたりも…

顎ニキビを対策するには、原因を知りそれにあった対策が必要です。
では、まず顎ニキビの原因からお話ししていきます。






顎にできるニキビの原因

顎は皮脂が多いのに乾燥しやすい部分です。
顎のニキビはケアが難しいため、顎ニキビの原因である
生活習慣やストレス、基本的なスキンケアなどを改善していきましょう。
では原因についてもう少し詳しくお話しします。

食生活の乱れ

食生活が悪いのもニキビの原因になる一つです。
脂質や糖質の取りすぎ、カフェインの摂取しすぎ、香辛料などは
皮脂を過剰摂取させ、ニキビの原因になります。

また、ダイエットなどの無理な食事制限などにより栄養が不足すると
ニキビの原因に繋がることがあります。

食材から得た栄養は血液を通して肌に送られます。栄養が肌に送られないと
肌を再生させるターンオーバーが正常に行われず、ニキビをはじめとした肌荒れを引き起こすのです。

睡眠不足

睡眠不足が続いてしまうと先ほどお話しした成長ホルモンの分泌量が
低下してしまいます。それに伴いターンオーバーの周期が遅れて
角質が厚くなり、毛穴の出口が塞がることでニキビができます。

また、不規則な睡眠はホルモンバランスを乱して肌の免疫力を下げます。
このホルモンバランスの乱れもニキビの原因となります。

ストレス

ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンのアンドロゲンが
大量に分泌させます。このアンドロゲンは皮脂の分泌を促してしまうため
ニキビができてしまうのです。

また、ストレスは体内に活性酵素を発生させ、肌の老化が促進されます。
肌の免疫力も低下し、アクネ菌を繁殖させたりニキビが膿んだりしてしまいます。

ストレスはホルモンバランスや自律神経を乱し、ニキビを作ってしまうのです。

紫外線による乾燥

紫外線は肌の水分を奪い乾燥し、ニキビができてしまいます。
紫外線の刺激でニキビの炎症させ、しみになってニキビの跡が残りやすくなります。

マスクによる蒸れ、擦れ

マスク着用時は角質の水分量が変化しやすく、水分が蒸発しやすくなります。
水分が蒸発し肌が乾燥すると、肌のバリア機能も低下。擦れによる角質へのダメージで
さらにバリア機能を低下させ、肌を敏感にさせてしまうのです。

顎ニキビの対策

顎ニキビを対策するには日頃の生活習慣やスキンケアの見直しが必要です。
では、対策するためのポイントについてお話ししていきます。

バランスの良い食生活

ニキビを内面から改善するには有効な栄養素を1日3回の食事から
バランス良く摂取することが大切です。有効な栄養素とは
肌を作るたんぱく質や肌を健康にさせるビタミン類などです。

これらをバランスよく摂取し偏りがないよう心がけましょう。

睡眠時間はしっかり確保する

睡眠不足は肌のターンオーバーを遅らせて、ホルモンバランスを乱してしまいます。
睡眠中は肌に栄養が送られる大切な時間。

睡眠時間は毎日最低でも6時間は確保し、寝る前にスマホをいじったり
カフェインを摂取したり睡眠の質を落としてしまわないよう注意しましょう

紫外線対策

あごは紫外線を浴びやすい部分なので毎日の紫外線ケアが必要になります。
ニキビができている肌はいつもより紫外線のダメージに敏感です。

いつも以上にこまめな紫外線対策をしましょう

適切なスキンケアを行なう

顎は洗顔が行き届きにくい場所です。しっかり汚れが落とせていないと
洗顔料の成分が顔に残り、毛穴を詰まらせる原因になります。

顎は皮脂が多い部分だからといって、洗浄力の強い洗顔料を使ったり
ゴシゴシと力強く洗顔するのは、肌を傷つけ逆効果です。

しっかりと泡を立てて撫でるように洗顔をしましょう。

保湿は念入りに行う

顎は乾燥しやすく刺激を受けやすい部分です。しっかり水分を補給して
肌のバリア機能を高めましょう。

化粧水はなるべく低刺激なもので保湿成分であるコラーゲン、セラミド
ヒアルロン酸などが配合されているものを使いましょう。

マスクで肌荒れをされる方は特に保湿を心がけましょう。

まとめ

今回は顎ニキビの原因と対策についてお話ししました。

顎ニキビの原因は主に生活習慣。睡眠不足や食生活の乱れには
特に注意をしてスキンケアでは保湿を念入りに行なう必要があります。

顎ニキビは厄介なニキビです。今回の記事を参考に日ごろのセルフケアを
改善していきましょう。


コメントを残す