シミってなぜできる?シミができる原因と効果的な対策について

シミってなぜできる? シミができる原因と効果的な対策について

急にできるシミを予防、改善するにはシミの原因をしっかり理解することが大切です。今回の記事はシミができる原因や効果的な対策について詳しくお話していきます。

シミができる原因について

目を閉じる女性

シミができる主な原因として紫外線の影響があります。紫外線を浴びることで、酵素が活発化しメラニンの生成が盛んになります。このメラニンがシミの元とるのです。メラニンは紫外線から肌を守るはたらきをしていて、メラニンは肌にずっと残るわけではありません。肌の生まれ変わるサイクルであるターンオーバーでメラニンはある程度排出されます。シミができる他の原因としてホルモンバランスの乱れ、ストレスなどが挙げられます。

シミを予防する効果的な対策について

紫外線対策を徹底する

紫外線は晴天の日はもちろん、曇りの日でも雨の日でも地上に降り注いでいます。外出される際は日焼け止めを使って紫外線の刺激から肌を守りましょう。天気に応じてSPF値、PA値を調節しましょう。

美白化粧品を取り入れる

美白化粧品は種類がたくさんあり、何を選べばいいのか迷う方も多いと思います。美白化粧品は、厚生省が認可した美白有効成分が配合されている化粧品を選びましょう。顔全体に塗ることでシミ予防にもつながり、シミが気になる部分には重ね塗りをするとより効果的でしょう。

厚生労働省が認めた代表的な美白成分

4MSK、D-メラノ、t-シクロアミノ酸誘導体、TXC、アルブチン、コウジ酸、エナジーシグナルAMP、カモミラET、ルシノール、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、リノール酸 など

これらの成分が配合されているものを選びましょう。

保湿を徹底し、バリア機能を高める

肌の表面、角層には外部の刺激から肌を守るバリア機能が存在します。このバリア機能が低下すると、紫外線の影響を受けやすくなり、シミを作らせる原因となります。また、洗顔時に泡をよく立てず洗顔をしたり、力を入れて洗顔するなども肌を傷つけ、バリア機能低下につながります。洗顔後の保湿は必ず行いましょう。

この記事のまとめ

シミができる主な原因は紫外線を浴びることによって、メラニンの生成が盛んになることです。黒いメラニンを肌に残さないためには毎日の紫外線対策が必要不可欠です。また、できたシミに対しては美白有効成分配合の化粧品を使い、美白ケアをしていきましょう。

コメントを残す