ニキビと睡眠は関係ある?ニキビ改善に必要なこととは

ニキビと睡眠の関係ニキビ肌改善に必要なこと

ニキビと睡眠の関係ニキビ肌改善に必要なこと

睡眠とニキビは密接な関係にあります。睡眠について軽く見てしまうことが多いですが
睡眠不足が続くと肌の免疫力を避けホルモンバランスを乱します。
それがニキビの原因になることも多いのです。

睡眠不足を防ぐためにはどうしたらよいのでしょうか。
それは睡眠中に行われる肌を再生させる仕組みについて理解をする必要があります。

では、ニキビと睡眠の関係質の良い睡眠の取り方についてお話ししていきます。

睡眠中に行われる働きとは?

大人ニキビの原因や特徴対策

人は起きている間、脳に血液が集中します。
これは日中に脳のエネルギーをたくさん使うためです。
睡眠に入ると血液は体全体に流れて、肌などに栄養を送り
傷ついた肌の修復と再生をしているのです。

その肌の再生に欠かせないのが成長ホルモンです。
成長ホルモンは眠りに入った3時間後に最も分泌されます。
その後も浅い眠り(レム睡眠)深い眠り(ノンレム睡眠)を繰り返しながら
肌を再生、修復する作業を6時間かけて行うのです。

ニキビや肌の乾燥を改善するのには
成長ホルモンの分泌が欠かせないということを覚えておきましょう。

ニキビと睡眠の関係性

睡眠不足が続くとニキビができるとお伝えしましたが
それは一体なぜなのでしょうか。

睡眠不足が続いてしまうと先ほどお話しした成長ホルモンの分泌量が
低下してしまいます。それに伴いターンオーバーの周期が遅れて
角質が厚くなり、毛穴の出口が塞がることでニキビができます。

また、不規則な睡眠はホルモンバランスを乱して肌の免疫力を下げます。
このホルモンバランスの乱れもニキビの原因となります。

ニキビや肌荒れを予防するに不規則な睡眠時間を避けて
質の良い睡眠を取る必要があります。

では次に質の良い睡眠ついてお話しします。

質の良い睡眠のとり方

ニキビや肌荒れを予防、改善するためには
成長ホルモンの分泌をしっかり促すために質の良い睡眠が必要です。
質の良い睡眠を取るためにどのようなことをすればよいのか説明いたします。

就寝時間、起床時間を一定にさせる

就寝時間、起床時間が毎日バラバラだと
体内のホルモンバランスが崩れ、肌荒れに繋がります。

仕事の日も休みの日も睡眠時間を一定にし
睡眠時間は7時間~8時間が理想です。

カフェインはなるべく控える。

仕事中に眠くなるのを避けるために
エナジードリンクやコーヒーを飲むなんて皆さんありますよね。
私自身コーヒーが大好きなので毎日1杯は飲んでいます。

ですがカフェインも質の良い睡眠を妨げてしまいます。
1日2杯を上限とし、就寝の3時間前以降はカフェインを避けましょう

寝る前にスマホをいじらない

就寝前にスマホをいじり、ブルーライトを見ることで
光を感知して、脳に情報が伝わります。
明るい光の情報を受け取った脳は昼と判断し、体内時計を
狂わせ、睡眠を妨げてしまうのです。

就寝前にスマホをいじりたくなる気持ちも分かりますが
なるべくいじらないよう意識だけでも変えてみましょう。

アロマを活用してみる

アロマにはリラックス効果があります。
アロマの香りが自律神経のバランスを整えて
ストレスによって緊張した体をほぐし、心身ともにリラックスができます。

アロマディフューザーを置いたり
アロマの香りがするスプレーを寝室に吹きかけることで
効果が得られますのでぜひ試してみましょう!

寝る前に温かい飲み物を飲む

カモミールティーやホットミルクなどは眠りを誘い
睡眠の質を上げる効果があります。
布団に入ってなかなか寝れない方は今夜から試してみましょう!

まとめ

ニキビを改善するには睡眠をはじめとした
生活習慣の見直しが必要になります。

睡眠は毎日最低でも6時間以上は確保して睡眠時間を一定にしましょう。

今日の夜から質の良い睡眠をするための工夫をし
美肌を手に入れるための準備をしていきましょう!

コメントを残す