マスクのせいで毛穴トラブル発生?マスクによる肌荒れを対策する方法を紹介

マスクのせいで毛穴トラブル発生?マスクによる肌荒れを対策する方法を紹介

マスクのせいで毛穴トラブル発生?マスクによる肌荒れを対策する方法を紹介

コロナ過でマスクを余儀なくされる毎日。最近、マスクの影響で顔のテカリ、ニキビ、毛穴トラブルなどの肌荒れを引き起こす方増えているとのこと。今回は毛穴トラブルをはじめとした肌荒れとマスクの関係性やマスク肌荒れ対策についてお話ししていきます。


マスクで毛穴トラブル。原因皮脂にあった!

マスクをしていると、顔面の温度や湿度が高くなり、皮脂が増えることによって毛穴を詰まらせてしまいます。これがニキビの原因や詰まり毛穴となるのです。また、マスクで肌荒れする原因の一つに肌の乾燥が挙げられます。マスクをずらしたり、付けたりを繰り返すと、マスクと肌の間に摩擦が生まれ、肌の角質を傷つけてしまいます。そうすると肌のバリア機能が低下し、外部からのダメージに敏感になってしまうのです。
また、マスク内は水分が蒸発しやすく、角質の水分を奪ってしまうためとても乾燥しやすい状態なのです。肌の乾燥は皮脂を余計に分泌させる原因ともなります。

マスク肌荒れを予防するためには

マスク肌荒れを予防するにはどのように対策すれば良いのでしょうか。次は毛穴トラブルやニキビなどのマスクによる肌荒れを予防するために今からできる対策を紹介していきます。

顔のべたつき、毛穴トラブル、ニキビなどの悩みは皮脂をしっかり落としましょう

角栓やニキビを作らせないためにも、皮脂は毎日しっかり落とすことが大切です。効率よく皮脂ケアをしたい方は週に1回、スペシャルケアとして酵素洗顔やスクラブなどを使うことをおすすめします。

今まで以上に保湿を心がける

マスクをしていると蒸れや擦れなどで角質のバリア機能が低下、肌が乾燥し敏感な状態になっています。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などといった高保湿成分が配合されている化粧水や美容液を使って肌に水分をしっかり与え角質のバリア機能を整えましょう。肌の乾燥が気になる部分には保湿クリームなど塗って油分を肌に与えましょう。
肌が乾燥し炎症を引き起こしている方は化粧水に含まれるアルコールなどは避け、なるべく低刺激な処方がされているアイテムを選びましょう。

マスクの擦れを対策する

マスクを変えることで、肌への刺激が軽減できます。不織布マスクが肌に合わない場合、ガーゼやコットンなどのやわらかい素材を肌との間にはさむのもおすすめです。 最近は、肌への刺激が少ない敏感肌用と書かれたマスクも登場しています。できるだけ自分に合ったマスクを着用しましょう。




この記事のまとめ

毛穴トラブルなどをはじめとしたマスク肌荒れの原因はムレによる細菌繁殖、皮脂の過剰分泌や擦れによる肌の乾燥です。スキンケアでは洗顔&クレンジングで皮脂をしっかり落とし、保湿を徹底し肌のバリア機能を整えてマスク肌荒れを予防しましょう!



コメントを残す