乾燥肌は洗顔しないほうがいいって本当?乾燥肌の正しい美容法を解説

「洗顔をしないほうが良いのか」「乾燥させない洗顔方法が分からない」
などの悩みを持つ乾燥肌さんいませんか?
乾燥肌は洗顔しないほうが良いという記事を見かけますが
私は乾燥肌でもしっかり洗顔料を使い洗顔をしたほうが良いと考えます。

どんな肌質でも余分な皮脂や埃などの汚れを落とさないと
ニキビをはじめとした肌荒れの症状が必ず現れます。

洗顔は大切ですが、洗顔方法を間違ってしまっては何も意味がありません。
今回は洗顔方法が分からない乾燥肌の方に向けて
正しい洗顔方法を中心にお話ししていきます!

乾燥肌でも洗顔しないといけない理由

古い角質や皮脂が肌に表面に溜まりっぱなしの状態になると
肌の乾燥やニキビ、毛穴汚れなどあらゆる肌トラブルの原因に繋がります。

乾燥肌の方で「洗顔でうるおいを取りすぎると肌のバリア機能が低下し乾燥する」
という話を信じている方が多いようです。
たしかに、洗顔のやり方を間違ってしまうとこの話は
嘘ではなくなるのですが、あくまで洗顔方法を間違っていたらの話です。

実は肌が乾燥する原因は肌表面に溜まった古い角質や皮脂です。
これらが洗顔で落とせていないと、肌をバリアする皮脂膜がうまく作れず
肌がノーバリアの状態に。角質の水分の保持しにくくなり乾燥を招いてしまいます。

ですので乾燥肌でもある程度の皮脂を落とさないと
乾燥の悪化、ニキビ、毛穴汚れなどの悩みを招いてしまうのです。

皮脂や古い角質が溜まると乾燥の悪化に繋がるから
洗顔料を使ってある程度の汚れを落とす必要があるんですね!

注意しておきたい洗顔料の成分

洗顔料を使って皮脂を落とす必要があるとお話ししましたが
洗顔料は何でも良いという訳ではありません。洗顔料の成分次第では
乾燥を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。

以下の成分が商品の成分表に記載されていたら避けるようにしましょう。

乾燥肌が避けたい成分
ラウリル酸、ラウレス酸、アンモニウム、石けん、パラベン、エタノールなど

ラウリル酸、ラウレス酸、アンモニウム、石けんなどは
洗浄力が強い分、肌への負担が大きいです。
汚れをしっかり落としたい脂性肌の方は向いていますが
肌がデリケートな乾燥肌は避けたほうが良い成分です。

また、パラベン(腐敗剤)やエタノールなどは
必ずしも乾燥を悪化させる訳ではありませんが、人によっては
刺激を感じてしまう可能性があるので注意が必要です。

正しい洗顔料の選び方

肌を乾燥させない洗顔料の選び方をいくつかのポイントに分けて説明します。

エタノールフリー、パラペンフリーを選ぼう

これらは必ず避けたほうが良いという訳ではありませんが
乾燥具合によっては刺激となる場合があるのでなるべく避けるようにしましょう。

保湿成分が配合しているものを選ぼう

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸と表記されている洗顔料を
おすすめします。洗顔料に保湿成分が含まれている理由としては
肌への負担を和らげ、洗顔後のツッパリ感を無くすことが目的です。
極力負担をかけないためにも保湿成分が入った洗顔料を選ぶようにしましょう!

保湿成分が入っているから洗顔をしながら保湿ができるという訳では
ありませんので勘違いしないようにしましょう。

アミノ酸系の洗浄成分が配合されているものを選ぼう

アミノ酸系の洗浄成分は汚れをしっかり落としつつ
肌への刺激が少ないので乾燥肌におすすめします。
アミノ酸系の洗浄成分表記は「ココイル〇〇~」「ラウロイル〇〇~」
と表記されますので商品記載の成分表を確認しましょう!

私がおすすめする洗顔料を
以前の記事にまとめましたので参考にしてください!

乾燥させない正しい洗顔方法

普段当たり前のように行っている洗顔ですが
あなたの洗顔方法は正しいですか?
これを機に正しい洗顔方法をおさらいしておきましょう!

①洗顔前にぬるま湯で汚れを落とす

手を洗って、細菌を落として顔の汚れを軽く落としましょう
この時力を入れたりせず優しく素洗いすることが大切です。

②洗顔料をよく泡立てる

泡立てネットなどを使い、濃密な泡を立てましょう。
目安は手と手を重ね合わせて間にクッションができるくらいです。

しっかり泡を立てないと肌に摩擦をかけてしまい
肌を傷つける原因になります。

③皮脂の多いTゾーンから泡を乗せる

皮脂の多いおでこや鼻から泡を乗せてください。
この時、円を描くように洗顔をし力を入れずにこすりすぎないように。

④Uゾーン→頬→目元 の順番で洗顔をしていく

次に皮脂が多いUゾーンから皮脂が少ない目元を最後に洗顔します。
最後はぬるま湯ですすぎ残しがないように洗い落とす。

 

ここまでが正しい洗顔のやり方です。
当たり前のことのようですができていない方って
意外にも多いのです。
洗顔を長々とやっても肌に刺激を与えることになりますので
1分程度で洗顔を終わらせるようにしましょう。

また、日によって人の肌の状態は違ってきます。
あまりにも乾燥が気になる日はぬるま湯洗顔だけでも良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
結論、乾燥肌でも洗顔料を使って洗顔をすることは大切です。
ですが洗顔料選びを適当に選んでしまっては何も意味がありません。
ラウリル酸、ラウレス酸などといった洗浄力の強い成分は避けて
保湿成分がはいごうされた洗顔料を選びましょう!

今日のまとめ
・乾燥の原因は古い角質や皮脂が溜まること。乾燥肌でも洗顔は必要です。
・ラウリル酸、ラウレス酸、アンモニウム、石けん、パラベン、エタノールなどが配合されている洗顔料は避けましょう
・保湿成分が配合されたもの、パラベンフリー、アルコールフリーの洗顔料を選ぶとよい

今回の記事を参考に、乾燥肌を卒業しましょう!

1 COMMENT

コメントを残す