日焼け止めの効果と使い方を解説!今更聞けない日焼け止めのあれこれ

紫外線

全国で連日、猛暑日が続く真夏。
太陽がギラつく炎天下の日はUVケアを必ずしてると思います。

普段当たり前のように使っている日焼け止めですが
あなたは日焼けついて理解していますか?

日焼け止めを正しく使わないと効果が半減し
肌の乾燥や肌荒れの原因に…
「PA値やSPF値が高いものを使えばいい」なんて間違った
解釈をしていませんか?

あなたの肌荒れを招かないためにも
一緒にUVケアについて学んでいきましょう!


そもそも紫外線って?

紫外線とは太陽光に含まれています。
太陽光には可視光線、赤外線、紫外線が含まれます。

紫外線には3つの種類あります。

3つの紫外線
・紫外線A波(UVA)
・紫外線B波(UVB)
・紫外線C波(UVC)

この3つにはそれぞれ特徴があり
肌に与える影響も違います

日焼け止めのPA値、SPF値は
紫外線に関係してきますので
まずは紫外線についての理解を深めましょう。

紫外線A波(UVA)

紫外線A波はエネルギーは弱いが曇っている日でも
雲を通過し地上に降り注ぐ厄介な紫外線です。

肌の奥である真皮まで到達し
シワやシミの原因となる紫外線です。
コラーゲンにも影響し、たるみの原因にもなります。
肌が黒くなる(タンニング)を起こさせる。

紫外線B波(UVB)

エネルギーが強いが肌の奥までは到達しない。
肌を赤くヒリヒリさせる(サンバーン)や肌の乾燥
起こさせる紫外線ですが
雲やガラスで遮られやすいのが特徴です。

紫外線C波(UVC)

太陽光に含まれる量は少なく地上には
ほとんど到達しないと言われている。

 

肌が黒くなるタンニングを起こす紫外線A波
肌を赤くさせるサンバーンを起こす紫外線B波
この2つの紫外線には注意が必要なので頭に入れておきましょう。

PA値、SPF値の意味とは?

日焼け止めには「PA」「SPF」という表記が
あるのはご存じですよね?これらは紫外線をカットする力を
指数で表したものです。
では実際の商品例を出して説明しますね

「PA」の意味とは?

PAは紫外線A波をカットする力です。
「+」の数で表記されます。

商品例:ANESSA エッセンスUV アクアブースター
出典:Amazon

皮膚の奥に紫外線A波を到達を防ぐとともに
肌が黒くなる(タンニング)を防ぐ力がPAです。

「+」の数が1つでタンニングが起きる時間を
2倍~4倍引き延ばせます。商品例のANESSAは
「+」の数が4つですので12倍以上引き延ばせることができます。

「SPF」の意味とは?

SPFは紫外線B波をカットする力です。
50までの数字で表記されます。

アネッサ 商品例 SPF

商品例:ANESSA エッセンスUV アクアブースター
出典:Amazon

ノンケミカルとは?

日焼け止めの成分は
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤というものがあります。

紫外線吸収剤は紫外線を予防する効果が高いですが
肌への刺激も強く、肌荒れを引き起こす可能性があります。

紫外線散乱剤は紫外線を肌の上で反射する物質。
肌が負担が少ないく肌に優しいですが
皮脂や水が吸収してしまうため人によっては
乾燥を招いてしまう可能性があります。

このように散乱剤のみで作られた日焼け止めを
ノンケミカルといいます。

日焼け止めの選び方と使い方

PA、SPFについて少しは理解してもらえたところで
次は選び方についてお話ししていきます。

日焼け止めの選び方

まずPA値ですが、日常で使うのであれば
「++」程度のもので十分です。
日差しが強い日に長時間外にいる場合や
外でスポーツをする場合などは「+++」以上のものを選びましょう。

次にSPF値ですが、日常で使う場合
20~30程度のものを選びましょう。

数値が高ければ高いほど効果はありますが
肌への刺激も強くなるので注意しましょう。

日焼け止めの使い方

日焼け止めは塗る量を間違えてしまうと
効果が発揮されず意味がありません。

正しい使用量は500円玉代くらいの大きさを
手にとって塗りましょう。

毎日、日焼け止めを使いたくない方
あまりべたつきたくない方は
ファンデーションだけ使うのも良いと思います。

まとめ

紫外線対策は肌荒れ予防、シミ、たるみ予防に
必要不可欠なスキンケアです。

では最後に今日のポイントをおさらいしておきましょう

紫外線対策ポイント
PAとはタンニング紫外線A波をカットする力。
SPFとはサンバーンを引き起こす紫外線B波をカットする力。
日常で使うのであればPA値は「++」SPF値は20~30程度

ではまた次回の記事でお会いしましょう!



1 COMMENT

コメントを残す