敏感肌が避けたい成分とは?美容マニアが成分解説!

敏感肌が避けたい化粧品の成分とは?

敏感肌が避けたい化粧品の成分とは?

「スキンケア後、肌がヒリヒリする」「化粧品を変えたら肌が荒れた」
などの経験ありませんか?刺激を受けやすい敏感肌の方は化粧品の成分について
特に注意が必要です。

そこで今回は敏感肌が避けたい化粧品の成分について解説します。
この記事を読めば「自分に合った化粧品が分からない」なんて悩みがなくなり
スムーズに化粧品を選ぶことができます。

敏感肌が避けたい成分は界面活性剤、腐敗剤、エタノールやアルコールなどです。
ではその成分について詳しくお話ししていきます!


クレンジング、洗顔料の避けたい成分

クレンジング、洗顔料で避けたい成分は界面活性剤です。
界面活性剤は多くのクレンジングや洗顔料に使われていて
脂やメイクなどの油と水を中和させるという働きを持っています。

界面活性剤=悪いものだという考えを持っている方が多いですが
それは正しいようで正しくない考えです。

界面活性剤には種類や使われている量、洗浄力などで
肌に与える刺激も異なります。

中でもスルホン酸、ラウリル酸、ラウレス酸、石けんなど
成分が表記されているものは注意が必要です。
これらは洗浄力が強く必要な皮脂まで落としてしまうため
敏感肌には向いていません。今使われている洗顔料を確認してみましょう。

クレンジングや洗顔料は油分と界面活性剤のバランスが良い
クリームタイプを使いましょう!

洗顔料に関しては腐敗剤、エタノールなどが含まれてないと良いです。

化粧水の注意したい成分

化粧水で避けたい成分はエタノール、腐敗剤、香料などです。
これらは人によって刺激を感じたりアレルギーを引き起こす場合があります。

エタノール

エタノールはアルコールの1種。エタノールは肌に悪いと思われがちですが
化粧水に含まれる理由として、皮脂を浮かせて落とす効果、爽快感を与える効果
毛穴を引き締める効果などがあります。ですのでエタノールは必ずしも悪い成分って
ことではありません。

ですがエタノールは人によって肌への刺激になります。
特に敏感肌の方は注意が必要で、炎症を引き起こしたり
水分が奪われて乾燥を悪化させてしまう場合があります。化粧水を選ぶ際は
アルコールフリーと記載があるものを選んだり、成分表記の一番最後に
エタノールなどの記載があるものを選ぶと良いでしょう。

化粧水にはエタノール、エチルアルコールなどと表記されることが多いです。
化粧水を選ぶ際、不安であれば成分が肌に悪影響を与えないか
検索してみるのも良いと思います。

腐敗剤

腐敗剤は商品の品質を保つために配合されます。
安全に化粧水を使うために必要な成分ですが、腐敗剤も
敏感肌には刺激になりうる可能性があります。

具体的な成分はメチルパラベンをはじめとした名前にパラベンとつくもの
フェノキシエタノールなどが挙げられます。

化粧水を選ぶ際はパラベンフリーや敏感肌向けのものを選びましょう!

香料

香料は肌トラブルを一番起こしやすい物質です。
香料にも3000を超える種類があり、すべて肌に悪いというわけではないですが
アレルギーや炎症、肌の乾燥を引き起こす可能性があるので
避けたほうが無難です。

最近は無香料の化粧水も多くなってきているので
なるべく無香料と記載のあるものを選びましょう。

まとめ

では今回の記事をまとめていきます!

まとめ
・敏感肌が避けたい成分は界面活性剤、腐敗剤、エタノールなど
・クレンジングや洗顔料の洗浄力が強い成分には注意
・エタノールフリー、パラベンフリーの化粧水を選びましょう!
・使用上の注意をよく読み、肌に異常を感じたら使用をやめる。
・パッチテスト済み、アレルギーテスト済みのものを選びましょう

敏感肌に悪影響を与える成分がないか今一度確認をして
スキンケアを見直してみましょう!


コメントを残す