朝のスキンケアは順番が重要!肌の状態に合わせた正しい順番を解説

 

「朝は時間がないから水で洗顔だけ」
そんな手抜きケアをしていませんか?朝のスキンケアは1日の
コンディションを整える大切な時間。
あなたが何しても治らない肌の悩み。その原因は朝のスキンケアに
あるかもしれません。

また、日中に皮脂で肌がべたついて
化粧崩れを起こす方も同じく朝のスキンケアに
問題があるのかも……

今日の記事では
朝の正しいスキンケア、順番、肌質別のポイント
について詳しくお話しします。
ぜひ最後まで見てくださいね!




朝のスキンケアはなぜ必要?

「朝は時間がないからサッと水で洗顔だけ」
「朝洗顔すると乾燥しそう…」
なんて言って朝のケアを手抜きしてませんか?
もし図星であれば明日の朝から意識を変えてみましょう。

朝のスキンケアを丁寧に行うことで
ニキビや肌荒れの予防、日中のべたつき予防
化粧崩れ予防、そしてメイクのノリが良くなります。

朝のスキンケアの順番は
洗顔➝化粧水➝美容液➝乳液➝日焼け止め です。

べたつきの原因でもある皮脂は睡眠中も多く分泌されます。
朝の洗顔でその皮脂をしっかり落とせていないと
皮脂が原因でニキビができたり化粧崩れが起きたりするのです。

乾燥肌の方で朝洗顔することに抵抗ある方もいると思います。
自分に合わせた洗顔、保湿はどのようにしたらよいのでしょうか。
まずは洗顔パートからお話しします。

朝の洗顔はどうすればよい?

繰り返しにはなりますが朝のスキンケアで大事なのは
まず、必要に分泌された皮脂をしっかり落とすこと。
にあります。

基本的には洗顔料を使って皮脂をしっかり落とします。
肌に刺激が少ないアミノ酸系洗浄成分が配合されているもの
を使いましょう。

ただし、肌質やその日の肌状態によって洗顔方を
変えなければなりません。

顔全体がべたついている場合

主にオイリー肌の方が該当すると思います。
べたついているからといって朝から洗浄力の強い洗顔料を
使うのはやめましょう。

皮脂の落としすぎは肌の乾燥を招き
肌を乾燥させ、逆効果に繋がります。

朝用の洗顔料の選び方は、冒頭でも説明した通り
アミノ酸系の洗浄成分が配合されている商品を選びましょう。
成分表に「ココイル○○」「ラウロイル○○」と記載があれば
アミノ酸洗浄成分が含まれています。

泡立てネットなどを使い、しっかり泡をたて
特に皮脂が多い部分から順に優しく撫でるように洗顔しましょう。

顔の一部がべたついている場合

主に混合肌、インナードライ肌の方が該当すると思います。
この場合は注意が必要です。顔の一部しかべたついていないのに
顔全体を洗顔してしまうと、乾燥を招く可能性があります。

皮脂が気になる部分だけ、しっかり泡を立てて洗顔するようにしましょう。

特にべたつきが気にならない場合

主に乾燥肌の方が該当するかと思います。
この場合は無理に洗顔料を使わずにぬるま湯で洗顔を
しましょう。

乾燥肌の原因の多くは、洗顔料で皮脂を落としすぎにあります。
朝から無理に洗顔料を使うと乾燥を悪化させてしまうかもしれません。
洗顔よりも保湿に時間をかけましょう。

朝の化粧水ケアはどうすれば良い?

化粧水は夜に使っているものを使っても問題はありません。
オイリー肌や混合肌の方で夕方の化粧崩れする方は
ビタミンC誘導体配合の化粧水を使ってみるのもいいかもしれません。

ビタミンC誘導体は美白効果やニキビの炎症抑制
などに効果的として知られていますが
実は皮脂の分泌を抑えるのにも効果的なんです。

コットンを使った方が化粧水をムラなく浸透しやすくできますが
敏感肌の方はコットンの刺激で肌が荒れてしまうことがあるので
手を使って化粧水を浸透させることをおすすめします。

朝の美容液はどうしたらいい?

朝も美容液を使いましょう。美容液を使って
保湿の質を上げることで、肌に潤いが増して
紫外線などの外部刺激から肌を守ることができます。

保湿に特化した成分が配合されているものをおすすめします。
(ヒアルロン酸。人型セラミド、コラーゲンなど)

朝の乳液はどうすればよい?

朝も乳液を必ず使いましょう。

化粧水、美容液は肌に水分与えることが目的で
乳液は肌の水分をキープすることが目的です。
せっかく、化粧水で得た成分を
蒸発させてしまっては意味がありません。

乳液で肌がべたつくのに抵抗がある方は
水分の多い油分が少なめの乳液を使いましょう。

乾燥肌の方は肌の油分が少ない状態。
乳液は水分の少ない油分が多いものを使いましょう

肌質や状態に合わせて乳液を選びましょう。

まとめると

朝のスキンケアは1日の肌コンディションを作るために
大切な時間です。洗顔から乳液まで時間をかけてしっかり行いましょう

肌の状態は日々の生活習慣によって毎日変わってきます。
今日説明したことを参考に肌の状態に合わせたケアをしましょう!



コメントを残す