毛穴の角栓はなぜできる?できた角栓のケアや角栓対策を解説

毛穴の角栓はなぜできる?できた角栓のケアや角栓対策を解説

毛穴の角栓はなぜできる?できた角栓のケアや角栓対策を解説

毛穴の角栓って目立つし気になりますよね。気になって潰したり、抜いたりした方も多いはずです。無理やり角栓を潰してしまうと悪化または肌を傷つける原因になるかもしれません。

今回の記事は角栓ができる原因や対策、やってはい

けないNGケアなどについてお話しします!この機会にもう一度角栓について理解を深めましょう!


角栓とは?

角栓とは過剰に分泌された皮脂と古い角質が混ざり合って、毛穴の中にできたかたまりのことです。顔の中でも皮脂の多い鼻回りや顎、おでこなどにできやすい傾向にあります。角栓が酸化すると黒くなり毛穴の黒ずみとしてあなたを悩ませます。また、角栓を放置すると毛穴の出口を塞ぎ、ニキビの原因にもなるのです。

角栓ができる原因

角栓ができる原因は様々ですが主に、皮脂の過剰分泌、ターンオーバーの乱れ、肌の乾燥などが挙げられます。

皮脂の過剰分泌

皮脂の過剰分泌すると角栓はもちろん、ニキビの原因にもなります。皮脂は常に肌に分泌して肌を守る働きをしていて、人によって皮脂の分泌量も異なりますが、生活習慣の乱れによって皮脂の分泌量が増えてしまいます。特に注意しておきたいのが食生活。脂っこいお肉や甘いものなど脂質、糖質の取りすぎは皮脂を過剰分泌させる原因の一つです。睡眠不足や不規則な生活、ストレスなども皮脂の過剰分泌に関わります。

皮脂の分泌に関わっているのが男性ホルモン。生活習慣を正すことで男性ホルモンの働きが正常にコントロールされ、皮脂を抑えることができます。角栓ができたらまず、ここ最近の生活習慣を振り返ってみてください。なんらかの原因が隠れているかもしれません。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは一定周期で肌が生まれ変わるサイクルのことをいいます。ターンオーバーの周期が正常だと、肌の奥で新しい細胞が作り出され、古い角質はアカとなって放出される一連の流れがスムーズに行われます。

角栓の70%は古い角質でできていると言われています。ターンオーバーが乱れると古い角質が肌に残り、毛穴を塞いで角栓を生み出してしまうのです。

肌の乾燥

角栓はべたつきやすい脂性肌だけにできるものではありません。
洗顔時の皮脂を落としすぎ、紫外線による刺激、保湿不足などで肌が乾燥すると肌にうるおいを与えるべく、たくさんの皮脂を分泌させます。たくさん分泌された皮脂と古い角質が混ざり合って角栓ができるのです。

自分は脂性肌だと思っていても、実は肌の中は乾燥しているインナードライ肌かもしれません。皮脂でべたついているからといって保湿しないのは、かえって皮脂の過剰分泌を招いているかもしれません。

やってはいけない角栓ケア

あなたが今、行っている角栓ケアや毛穴ケアは逆効果かもしれません。
新たな角栓を作らせないためにもここでNGケアを把握しておきましょう。

角栓を無理やり押し出す

角栓が気になるからといって力を入れて潰したり、無理やり角栓を押し出すのは絶対にやめましょう。角栓ができた周りの肌を傷つけ、炎症などを引き起こす可能性があります。気になるのは分かりますが肌荒れを引き起こさないためにもなるべく角栓に触らないようにしましょう。

力を入れて洗顔

角栓の原因である皮脂を落とそうと力を入れてこすったり、洗浄力が高い洗顔料を使うのはNG。たしかに皮脂を落とすことは大事ですが、皮脂が落ちすぎると肌を乾燥させてしまいます。乾燥は角栓を作る原因の1つです。

毛穴パックやスクラブ洗顔の使いすぎ

毛穴汚れを落とすパックやスクラブ入りの洗顔料などの使い過ぎは、肌を傷つけ角栓を作らせる原因に。パックやスクラブ洗顔などを使う場合は、週に1回を限度とし肌の様子を見ながら使いましょう。

すぐできる角栓対策とは

角質を対策するには過剰に分泌された皮脂を抑え、予防することが大切です。
では、角栓対策についてお話しします。

できた角栓にはクレイパックや酵素洗顔

クレイマスクや酵素洗顔は角栓や余分な皮脂を吸収してくれるアイテムで脂性肌の方には是非使ってほしいアイテムです。ただし使い過ぎは逆効果。肌の様子を見ながら週に1回ペースで使うようにしましょう!

保湿

角栓を対策するには保湿も重要です。肌が乾燥するとかえって皮脂が過剰に分泌し角質が厚くなり、新しい角栓やニキビを作る原因になります。化粧水、保湿美容液、保湿クリームまで保湿を欠かさずに行いましょう。

食生活

皮脂の酸化を防ぐ効果があるビタミン類を積極的に摂取しましょう。栄養バランスに偏りがないように意識しつつ脂質、糖質の取りすぎにも注意しましょう!

睡眠時間をしっかりとる

睡眠不足はターンオーバーを遅らせます。ターンオーバーが遅れると古い角質が肌に残り、角栓の原因になるため睡眠不足には注意しましょう。睡眠時間は毎日7時間~8時間が理想です。

この記事のまとめ

角栓とは過剰に分泌された皮脂と肌に残った古い角質が混ざり合ってできたかたまりです。角栓ができる原因は様々ですが主に肌の乾燥や生活習慣の乱れによる皮脂の分泌が原因です。角栓を対策、予防するには生活習慣を整え、皮脂を予防することが大切です。皮脂の落としすぎや保湿不足に注意し、ケアを行ないましょう!


コメントを残す