気になる毛穴の正しい洗顔方法は?毛穴悩みを改善させるスキンケアについて

気になる毛穴の正しい洗顔方法は?毛穴悩みを改善させるスキンケアについて

気になる毛穴の正しい洗顔方法は?毛穴悩みを改善させるスキンケアについて

多くの女性を悩ませる毛穴の悩み。「1日何回も洗顔しているのに効果ない」「洗顔料を変えても改善されない」なんて悩む方も多いのではないでしょうか?もしかしたらあなたの洗顔、間違っているかも…

毛穴の黒ずみなどといった毛穴悩みの原因は過剰に分泌された皮脂です。手入れ不足が続くと皮脂が酸化し黒ずんだり、溜まった皮脂を栄養源としアクネ菌が繁殖、ニキビを作らせたりと皮脂のケアは肌荒れを防止するために重要なステップです。

今回の記事では毛穴悩みを改善させる洗顔料の選び方、洗顔方法についてお話しします。


毛穴はなぜ汚れるの?毛穴汚れの原因について

ニキビが潰れたら対処法

生活習慣の乱れや間違ったケア、肌の乾燥やターンオーバーの乱れなどの様々な理由により皮脂が多量分泌すると、肌の古い角質と皮脂が混ざり合い、角栓ができます。角栓は毛穴を詰まらせ、酸化すると黒ずんでしまいます。

毛穴の悩みは脂性肌だけではありません。肌の乾燥も毛穴汚れの原因の1つです。べたつきが気になるからといって保湿をおろそかにしてしまうと、肌を乾燥させ皮脂を余計に分泌させてしまうのです。

毛穴汚れの原因は多量に分泌された皮脂が原因です。
洗顔で皮脂をしっかり落としつつ、丁寧な保湿が必要なんですね。

自分に合った洗顔料の選び方

毛穴が汚れる原因は溜まった皮脂、古い角質の蓄積が原因です。そのため、洗顔で汚れをしっかり落とし、皮脂を溜めないことが大切です。自分に合った洗顔料になかなか出会えない方もいらっしゃるのではないでしょうか?次は自分に合った洗顔料の選ぶポイントについてお話しします。

脂性肌には酵素洗顔料やスクラブ洗顔料を

肌のテカリ、毛穴の黒ずみが気になる方は洗浄力が比較的高い、酵素洗顔料スクラブ洗顔をおすすめします。これらは過剰に分泌された皮脂を吸収し分解する効果があります。ただし洗浄力が高い分、肌への刺激も強くなります。使用後は肌が乾燥しますので保湿はいつも以上に丁寧に行いましょう。使い過ぎは肌にダメージを与えることとなりますので週に1回ペースで使うようにしましょう。

乾燥肌、敏感肌には保湿成分が配合された洗顔料を

毛穴ケアをしたいが洗顔料の刺激を気にされる方はアミノ酸、ヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が配合されている洗顔料を選びましょう。これらの保湿成分は洗顔後のつっぱり感をなくし、肌にうるおいを残す目的で配合されているため乾燥肌、敏感肌でも安心して使えます。酵素洗顔やスクラブ洗顔などと使い分けるなどして、肌の状態を見ながら使いましょう。

なるべく無添加で低刺激な洗顔料を

化粧品を選ぶ際、無添加かどうかを気にされる方も多いと思います。人によってはパラベンやアルコール、香料など刺激に感じる方もいますので、パラベンフリーアルコールフリーの表記がされている洗顔料を選びましょう!

意外と知らない正しい洗顔方法

毛穴をなくし美肌への1歩を踏み出すには、丁寧な洗顔が必要になります。この機会に自分の洗顔を見直してみましょう。

まずはぬるま湯で汚れを落とす

乾いた肌にいきなり洗顔料を使うと、肌に負担を与える可能性があるため、ぬるま湯で顔全体を濡らし、汚れを軽く落としましょう。

濃密な泡になるまでしっかり泡立てをする

しっかり泡を立てないで洗顔をすると摩擦を起こし、肌にダメージを与える可能性があります。泡立てネットなどを使い弾力のある濃密な泡を立てましょう。

洗顔は皮脂が多いTゾーンから

洗顔の基本は皮脂が多い部分から順に行います。毛穴の汚れが溜まりやすいおでこや鼻を先に洗い、頬、Uゾーンの順で洗いましょう。内側から外側に泡を広げていくイメージです。

ぬるま湯ですすぎ残しがないようにしっかりすすぐ

洗い流す際は必ずぬるま湯ですすぎましょう。熱いお湯ですすでしまうと肌へダメージを与え、必要以上に皮脂やうるおいを落としてしまう可能性があります。洗顔料が残っていると肌荒れの原因ともなりますので時間をかけてぬるま湯ですすぐようにしましょう!

水分を拭き取る際の注意点

水分を拭き取るタオルにも注意が必要です。使い古したケバケバとした硬いタオルを使ったり、ゴシゴシと顔を拭いたりするのはNG。肌にダメージを与え、乾燥の原因となります。水分を拭き取る際はなるべく柔らかいタオルを使って優しくふき取るようにしましょう。

この記事のまとめ

毛穴の悩みを解決するには必要以上に分泌された皮脂を洗顔でしっかり落とすことが大切です。ただし洗浄力の高い洗顔料は肌へのダメージも大きいため肌質に合わせて洗顔料を使い分けましょう!皮脂は乾燥や生活習慣の乱れにより過剰に分泌します。日ごろの生活習慣にも気を配りましょう!



 

コメントを残す