目元にできたシミの原因や対策について:セルフケアで目の周りのシミは治る?

目元にできるシミの原因や対策について:セルフケアで目の周りのシミは治る?

気付いたらできている目元のシミ。放置していたらシミが濃くなっていたり、大きくなっていた。なんて経験ありませんか?

一度できるとケアが厄介な目元のシミ。

「もう治せない」「薄くならない」

なんて諦めていませんか?諦めるのはまだ早いです。目元にできた茶色や黒いシミ、炎症を起こしているシミは薄くすることが可能です。

今回の記事は目元にできたシミの原因や対策についてお話ししていきます。

目元にできたシミの原因とは?

目元にできたシミは紫外線浴び、メラニンが増えることが原因です。

人の肌は紫外線を浴びると、酵素が活発化しメラニンの生成が盛んになります。このメラニンがシミの元となります。本来、メラニンは紫外線から肌を守るはたらきをしていますが、紫外線を浴びすぎるとメラニンが増えていきます。

メラニンは肌の生まれ変わるサイクルであるターンオーバーでメラニンはある程度排出され、肌に残り続けるわけではありません。生活習慣の乱れなどでターンオーバーが乱れると本来、排出されるはずのメラニンが肌に蓄積することでシミとなるのです。

シミを予防するにはターンオーバーを整えることが先決です。次はシミを予防する方法についてお話しします。

目元にできるシミを予防するには…

シミを予防するにはメラニンを定期的に排出するサイクルである、ターンオーバーを促すことが大切です。具体策として3つお話ししていきます。

睡眠時間の見直し

あなたは毎日の睡眠をしっかり取れていますか?ついつい夜更かししてしまって気づいたらもう2時!なんて日々を毎日送っていませんか?そんな寝不足生活は今日でおしまいにしましょう。

ターンオーバーは主に睡眠中に行われます睡眠中は血液が全身に流れ、血液を通し肌に栄養を送り、新しい肌細胞を作る大切な時間です。まさにメンテナンスといえるでしょう。この貴重な時間を自ら削ってしまうとシミはもちろん、ニキビや肌荒れの原因になるのです。

寝ている間に行われる、肌のメンテナンスは約6時間かかると言われています。毎日の睡眠時間は6時間を切らないようにしましょう。7時間~8時間が理想の睡眠時間です。

「寝不足の日に肌が荒れた」なんて経験あると思います。シミや肌荒れを予防するために毎日の睡眠はしっかりとりましょう。

バランスの取れた食生活を意識しよう!

基本は主食、主菜、副菜を意識し食事バランスに偏りがないように心がけましょう。特に大切な意識してほしい栄養素はビタミンA、ビタミンE、たんぱく質です。

・ビタミンAには皮膚や粘膜を健康にする効果
・ビタミンEには血行を良くする効果
・タンパク質は皮膚そのものになる

これらを意識し、食事からもターンオーバーを促進していきましょう。

毎日の保湿は欠かさず行いましょう

肌の乾燥はターンオーバーを乱す原因です。また、肌の乾燥はニキビや炎症を引き起こしてしまう可能性があるため毎日の保湿は徹底しましょうヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されている保湿化粧水を。少し高価ではありますがセラミド配合の美容液などを使うと、効率よく保湿ができます。

保湿を徹底し、ターンオーバーを促進しましょう。

スキンケアで目元にできたシミを改善!

目元にできたシミを効率よく改善するには保湿&美白ケアを意識しましょう。

肌が乾燥してしまうとバリア機能が低下しシミだけではなくニキビや肌荒れの原因となってしまいます。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドが配合された高保湿の化粧品を選びましょう。

化粧水を塗ってスキンケアを終わりにするのではなく、美容液、クリームの順番でスキンケアを行ない、保湿の質を上げていきましょう。

保湿ケアと同じくらい大切なのが美白ケア。ただ美白化粧品を使えば良いという訳ではありません。美白化粧品を選ぶ際は配合されている成分に注目しましょう。

美白化粧品は、厚生省が認可した美白有効成分が配合されている化粧品を選びましょう。顔全体に塗ることでシミ予防にもつながり、シミが気になる部分には重ね塗りをするとより効果的でしょう。

厚生労働省が認めた代表的な美白成分

4MSK、D-メラノ、t-シクロアミノ酸誘導体、TXC、アルブチン、コウジ酸、エナジーシグナルAMP、カモミラET、ルシノール、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、リノール酸 など

アルブチン酸、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体などは美白有効成分として機能を発揮し、化粧品に含まれることも多いです。商品の成分表記などを確認し、選ぶようにしましょう!

この記事のまとめ

シミの原因は紫外線を浴びすぎたことによるメラニンの増加。ターンオーバーを正常に整えてメラニン排出を促し、紫外線対策、保湿、美白ケアなどを特に力を入れてケアを行ないましょう!

コメントを残す